MENU

不動産取引の多様化

作業員

環境保全が重要

不動産取引においては情報の非対称性を回避するために透明性を確保することが重要になっています。特に土地については汚染土壌についての売り手責任が明確化されています。土木工事を行う場合には一定の金額以上になると施工管理者の常駐が必要になっています。土木工事の施工管理を行う場合には公的な資格を取得した有資格者が必要となります。土木工事は工種によって工事内容が異なるため、不動産取引に必要な土壌についての経験豊かな施工管理者を選任することが重要です。土木工事は施工方法によってコストが大きく異なるケースが現出しますので、計画段階から施工管理者の工法に対する考えを確認することが、大きなメリットを生じることに繋がります。特に、土壌改良においては現地で施工するのか、搬出したうえで新たな土壌を搬入するかによって大きく異なります。また、改良する土壌が産業廃棄物として処理しなければならない場合には、』残土処分ヶ所の確保も必要になるので、コスト的には大きな負担となります。不動産取引においてはこうしたことを織り込んで売買価格を設定しなければならなくなっておりますので、売主にしても買い主にしても土壌に対する認識を持つ必要が増大しています。したがって、不動産取引において土木工事が必要となる場合には、事前に使用目的を明確にしたうえで事業計画に合った取引が可能となるように土木工事のスコープを定めたうえで、法的にクリアーする必要があります。