ハイドロキノン 化粧品

化粧品に配合されるハイドロキノン

ハイドロキノンは、ひと昔前は医薬品として、医療機関に限ってだけ買うことができました。
ただし、2001年の薬事法改正を受けて、低濃度のハイドロキノンの場合、普通の薬局やドラッグストアといったところでも手に入れられるようになったのです。
化粧品に使うことも可能となって、デパートの化粧品売り場、ドラッグストアなどの身近な場所でも売られるようになりました。
ここで説明している低濃度のハイドロキノンに関しては、4パーセントを下回るものを言います。
薬局に関しては、ハイドロキノンが入っている化粧品に加えて、軟膏やクリームも手に入ります。
多くは低濃度なので、即効性はありませんが、副作用の危険性がほとんどなく長期間利用できるという良い面があります。
でも、肌が弱いとアレルギー症状が出たり肌が荒れるかもしれません。
問題が起きないように、ハイドロキノンが入っている商品を買ったら、つける前にパッチテストをしたほうがいいでしょう。
薬局次第では、ハイドロキノンを売っていなかったり、欲しかった製品が陳列されていないこともあるため、先に聞いてみると良いでしょう。
そして、製品や濃度の高さで、料金は変動するのです。
ハイドロキノン含有商品はすぐに劣化するので、早く使い果たしたり、密封して冷蔵庫で保管したりすることも大切です。
また、薬局には薬剤師が対応しているので、ハイドロキノンの内容について疑問点があった時には話をしてみましょう。
仮に、副作用が出て症状が重篤化したら、使用を諦めて医療機関に出向きましょう。