ハイドロキノン 処方箋

処方箋が必要な場合

ハイドロキノンは優れた美白効果を持ち、濃度によって扱える場所が違います。
また、濃度が増すほど肌に効き目をもたらしますが、反面、肌のトラブルが起こりやすいという厄介な面も見られます。
5パーセント以上の濃度を示すハイドロキノンの場合、皮膚科へと足を運び診てもらってから処方箋を書いてもらう形になります。
皮膚科といっても、全ての皮膚科で取り扱いがあるわけではないため、前もって聞いておくといいでしょう。
美容皮膚科のケースでは、半数以上が揃えています。
その後、高濃度のハイドロキノンを利用してピーリングを行う場合もあります。
しかも、高濃度のハイドロキノンは、診察も含めて保険を利用することはできません。
ハイドロキノン入りのクリームも相当高額になるというのが常識です。
ですので、ちゃんとお金が用意できるときに診察を受けましょう。
なので、美容皮膚科では、大概が完全予約制ということになるでしょう。
カウンセリングをしっかり行って、肌質などが合うのかを診察しないといけないからです。
また、万が一肌に障害が起きた際に、医療機関に該当するため、即座に治療が行えるのもメリットと言えます。
高レベルのハイドロキノンになると、敏感肌でなくてもかゆみや赤みが引き起こされることがあります。
アレルギー体質の人は、特に注意を向けることが重要でしょう。
加えて、肌の一部が白く抜ける白斑ができてしまうといった副作用も報告されています。
それから、紫外線を嫌うため、UVをガードする対策をしないと肌が傷んでしまいます。