ハイドロキノン 濃度

ハイドロキノンの濃度

ハイドロキノンは、濃ければ濃いほど美白に効果が見られますが、この分、皮膚への悪影響は多大で、副作用を及ぼす可能性があるでしょう。
それゆえ、先に濃度の数値を見てから、使用しなければいけません。
ハイドロキノンは、4パーセントまでであれば副作用が起こりにくいとされ、10パーセントまでが使用可能とされています。
濃度が低いハイドロキノンは、大半が2パーセントくらいの濃度を意味しています。
これは主に化粧品に配合されている濃度であり、肌への副作用はほとんどないのですが、短時間で効果が発揮されることはありません。
しかしながら、長期間使うことができて負担もほとんどないので、肌が弱い人や少しずつ変化が欲しい人にはぴったりです。
そして、ハイドロキノンの中濃度は一般的に4パーセント前後の濃度とされています。
お店で売られている化粧品は、4パーセントが上限で、5パーセント以上になると皮膚科で処方してもらうくらいの濃度なのです。
中濃度のハイドロキノンに関しては、濃度が抑えられているものと対比すると、すぐに効果が現れ、中濃度までは副作用も起きにくいとされています。
ところが、生まれつきの敏感肌やアレルギー体質だったりしたら、これくらいであっても刺激となり、肌に損傷が加わります。
先にパッチテストを行ってからつける必要があります。
続いて、10パーセント前後の高レベルのハイドロキノンになります。
高濃度のタイプは、皮膚科の医師による処方のみで買い求めることができます。
濃度が高いだけあって、時間をおかずに効果が現れますが、皮膚への悪影響も大きいのです。
一部の医師は、ステロイドと共に処方するケースもあるようです。