ハイドロキノン 副作用

副作用について

ハイドロキノンは優れた美白効果を秘め、肌を綺麗にする働きがあります。
しかしハイドロキノンは、肌の漂白剤という別名もあり、強い副作用が伴うことも忘れてはなりません。
ハイドロキノンの濃度が高ければ高いほど、かなりの美白効果がありますが、それに伴い様々なリスクもあるのです。
白斑という現象も副作用とされますが、これは肌が局所的に白くなるというものです。
シミ解消を目指してハイドロキノンを塗りこんだのに、白斑を招いてしまい、肌の修復が大変になる可能性があります。
それに、色が白くなるのに対し、色素沈着を招き、肌の持つ本来の色までなくなって健康そうな肌色ではなくなってしまいます。
また、ハイドロキノンを利用することでアレルギー体質の人は肌が赤みを持ち、かぶれる可能性もあります。
さらにひどくなると、皮膚炎を発生させてしまうときもあります。
薬物の刺激による微妙なかゆみなら心配ありませんが、かなりかゆくなるようなら警戒しなくてはいけません。
さらに妊婦の利用は、
臨床報告はありませんが、使用は好ましくありません。
そして、ハイドロキノンは光や熱を苦手とすることが知られています。
直に太陽の光を射さない通気性の良いポイントかあるいは冷蔵庫でしまって利用するようにしましょう。
加えて、そばかすやシミは紫外線を多く浴びることで生じるので、UV対策をきちんとして日焼け止めなどを塗るようにしましょう。
薬剤師や皮膚科の専門医にアドバイスしてもらったり、化粧品の場合はパッチテストをしたりして、副作用を食い止めることが可能となります。