ハイドロキノン 種類

ハイドロキノンの種類

ハイドロキノンという成分は、大きく分類すると3パターンあります。

 

1つは、使われることの多いハイドロキノンです。
美白効果がもたらされるので、購入できるのは医療機関や薬局となり、ここ何年かはハイドロキノンが含まれる化粧品も人気があります。
しかも、肌の漂白剤といった異名を持つハイドロキノンは、かぶれが生じたり、肌が部分的に白く変化するなどの副作用も及ぼします。
これにプラスして紫外線に強くなく、UV対策を徹底しておかないと良くない結果を招くので、使用量や用法を守って使うことが大切です。

 

2種類目のハイドロキノンについてですが、このタイプはハイドロキノンモノベンジルエーテルとなります。
こちらの成分は、肌の漂白効果が大きすぎるため、国内での化粧品への使用は禁じられています。
生まれつき持っている皮膚の色さえも脱色してしまうため、使用後の肌のダメージがあまりに酷いのです。
日本とは別の国では、シミを解消することを狙って使用しているところもあります。

 

次のハイドロキノンですが、この種類は安定型のハイドロキノンと呼ばれています。
このタイプは、1個目のハイドロキノンと相違して、ハイドロキノンの周囲に整然と界面活性剤を配置して分子錯体として作られたものです。
このことから、肌への刺激が少なく、商品が悪くなりにくいという特色を備えています。
ただし、元来のハイドロキノンよりも成果はそれほど期待できず、知名度もあまりないのが現状です。
日本においては、はじめに紹介したハイドロキノンが美容分野で最も使用されており、絶大な信頼を集めています。
加えて、ハイドロキノンを配合した化粧品をはじめとした商品もたくさん発売されています。